カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

商品一覧

並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜4件 (全4件)

【イーラーニングBOOK】リスクマネジメント入門・実践講座

【イーラーニングBOOK】リスクマネジメント入門・実践講座

48,600円(税込)
2010年に厚労省から発出された「コンピュータ化システム適正管理ガイドライン」では、システムアセスメントの一環として、製品品質のリスクアセスメントの実施が求められています。現在、CSVにおいてはリスクベースアプローチ(Risk Based Approach)が欠かせない手法ですが、ガイドラインでは具体的な実施方法は示されていません。
リスクアセスメントは単に講義を聞いただけでは、内容を理解できるとしても、なかなか実践には結び付けられないのが現実です。本セミナーは、1日目にリスクアセスメントを含むリスクマネジメントを、分かり易く解説し、2日目にその実践としてのリスクアセスメントのワークショップを行い、参加された方の理解を深め、リスクアセスメントの実施に役立てられるように構成しています。
【イーラーニングBOOK⒇】【超入門】知的財産

【イーラーニングBOOK⒇】【超入門】知的財産

48,600円(税込)
近年、知的財産権の保護が重視されております。

企業における知的財産権重視の程度は、そこで働く人が有する知的財産権に対する意識によって決定づけられます。本セミナーは、知的財産権を重視するいわば「社会の道徳」を身につけ、受講者の意識の引き上げを目的とし、知的財産権と事業との関連を、具体的な事例とともに紹介します。

あわせて、事業と各知的財産権との関わり、技術系企業にとって特に利用機会の多い特許の入門的知識まで盛り込まれており、受講者が知的財産権への興味・学習意識を身につけることも狙います。
【イーラーニングBOOK➀】【超入門】コンピュータバリデーション

【イーラーニングBOOK➀】【超入門】コンピュータバリデーション

48,600円(税込)
コンピュータバリデーション(CSV)に関する超入門編です。
はじめてバリデーションを学ぶ方に最適なセミナーです。
CSV規制の歴史をご紹介したうえで、2008年に改定されたGAMP 5をわかりやすく解説します。
CSVを実施するうえで知っておかなければならないことは、構造設備とITシステムでは、バリデーションの方法が全く違うということです。
しかしながら、これまで構造設備とITシステムの違いについて解説を行うセミナーはありませんでした。
本セミナーでは、受講者の担当されるシステム毎のCSV実施方法をわかりやすく解説します。
【イーラーニングBOOK】グローバルスタンダード対応のためのCSV実施方法 PIC/Sの動向と改定版ANNEX11

【イーラーニングBOOK】グローバルスタンダード対応のためのCSV実施方法 PIC/Sの動向と改定版ANNEX11

48,600円(税込)
グローバルスタンダード対応のためのCSV実施方法
PIC/Sの動向と改定版ANNEX11セミナー
☆FDAのPIC/S加盟により、今後のCSV実施方法、Part11対応方法はどう変わるのか?
☆厚労省のPIC/Sへのスタンスとは
収録日時 :2011年8月29日(月)
講師:(株)イーコンプライアンス 代表取締役 村山 浩一 

1件〜4件 (全4件)