カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

【コンピュータ化システム適正管理ガイドライン対応】品質リスクアセスメント実施手順書


品質リスクアセスメント実施手順書

〜正当化されたリスクアセスメントを文書化

品質リスクアセスメント実施手順書のサンプルです。
これから作成する製薬企業のために、サンプルをご用意いたしました。
平成24年4月から施行された「コンピュータ化システム適正管理ガイドライン」で、作成が義務付けられています。
MS-Word形式ですので、貴社でご自由に加筆・修正を行っていただけます。

目次

品質リスクアセスメント実施手順書のサンプルです。

1. 目的
2. 適用範囲
3. 用語の定義

 3.1 リスク
 3.2 危害
 3.3 ハザード
 3.4 重大性
 3.5 リスク分析
 3.6 リスクアセスメント
 3.7 リスクマネジメント
 3.8 品質リスクマネジメント
 3.9 初期リスクアセスメント
 3.10 詳細なリスクアセスメント
 3.11 検出性
 3.12 リスク評価
 3.13 リスク特定
 3.14 コントロール
4. 責任
 4.1 リスクアセスメントチーム
 4.2 開発責任者
 4.3 運用責任者
 4.4 品質部門
 4.5 供給者
5. リスクアセスメントの目的
6. リスクアセスメントの原則
7. リスクアセスメント概要

 7.1 初期リスクアセスメント概要
 7.2 詳細なリスクアセスメント概要
8. 初期リスクアセスメント実施手順
 8.1 GxPアセスメント
 8.2 製品とプロセスの理解
 8.3 システムの規模、複雑性、新規性に関する調査
 8.4 ハザード分析
 8.5 危害分析
 8.6 影響分析
 8.7 不具合の可能性分析
 8.8 不具合の検出可能性分析
 8.9 電子記録・電子署名に関するリスクアセスメント
 8.10 より詳細なリスクアセスメントの必要性判断
 8.11 リスクアセスメント報告書の作成
9. 詳細なリスクアセスメント実施手順
 9.1 患者の安全、製品の品質、およびデータの完全性に影響を与える機能の特定
 9.2 機能リスクアセスメントの実施
 9.3 コントロールの特定
10. リスクのレビュとコントロールの監視
11. 本文書の改廃
12. 参考


改訂履歴

APPENDIX 1 GxP判定票
APPENDIX 2 プロジェクトリスク評価
APPENDIX 3 システムの特質判定

 システムの規模
 システムの複雑度
 システムが故障した際のビジネスリスク
 ソフトウェア/ハードウェア製品の標準化レベル

【コンピュータ化システム適正管理ガイドライン対応】品質リスクアセスメント実施手順書

価格:

54,000円 (税込)

[ポイント還元 5,400ポイント〜]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

システム名 品質リスクアセスメント実施手順書
価 格 10,500円(税込)

入金確認後(クレジットカードの場合は決済完了後)に、電子メールにてWordファイル形式で納品いたします。

ご送付後の返品はできません。
内容に関するご質問等は受け付けます。

購入前に、ご連絡いただきましたら、商品サンプルを電子メールにてお送りいたします。
ご遠慮なくお申し付けください。

お見積書や領収書が必要な場合もお申し付けください。
複数文書を一括してご購入される場合は、合計金額に応じて割引をさせて頂きます。
詳しくはお問合せ下さい。

当社コンサルテーションや商品へのご要望・ご質問・お問合せはこちら


【お支払方法について】
以下のお支払方法がご利用いただけます。

1.銀行振り込み、郵便振替
銀行振込 郵便振替

ご請求書を郵送します。
貴社お支払規定に従い、お振込ください。

2.クレジットカード

クレジットカード

3.楽天ID決済

楽天ID決済

4.コンビニ決済

クレジットカード


【領収書について】

領収書が必要な場合は、ご連絡ください。上記のいずれのお支払方法でも領収書を発行させて頂きます。

関連商品

【イーラーニングBOOK7】【超入門】厚労省ER/ES指針、21 CFR Part 11とANNEX 11

48,600円(税込)
購入数

ページトップへ